2007年 08月 13日

Lab-Sivaの音

まいど。
今回はかなり主観が入っています。(いつもか・・)
今回のLiveを友人に勧めた際、「どんな感じの音楽なの?」と聞かれる事、多々。
これが実に難しい。
Lab-Sivaに限った話ではなく、どんなMusicianもそう。
同じ音でも感じ方は人それぞれ。
また、言葉じゃ伝わらない部分も多い。

で、どう言うか。
「AOR寄りのロック」
そういうと、音楽好きな人は、
「TOTO?、Chicago?」
と返してくる。すこし、乗って来たら
「あえて言うなら、Steely Dan」
多くの人はここまでは辿り付けないが、幾人かは
Donald Fagen!」
と来る。Yes,you got it!

興味ない人はさらっと流して・・・
[PR]

# by afroT | 2007-08-13 23:53 | about Lab-Siva
2007年 08月 12日

地味な侵略。

まいど。
溶けそうな夏、エエ感じですね。

TOWER RECORDからのメルマガを眺めてて、ふと思い出した。
DISC Review書こうと思ってたなーって。

Lab-Sivaの「Travelers」に少し書いてみました。
まー、見てつかーさい。

Towerに登録したら(ごく簡単)、さくっと書けます。
みなさんも是非、感想を記してみてください。
地味に世界侵略。

それにしてもだ
[PR]

# by afroT | 2007-08-12 23:39 | about Lab-Siva
2007年 08月 10日

Lab-SIva動画 at 新宿

c0127326_302374.jpg


まいど。
Lab-Sivaの動画です。
Sound on Street」というサイトに昔の動画があります。
いつまで残っているか分からないので、すぐに見てください。

「You Must Be Free」の動画が見れます。
僕は東京のStreet liveをみた事がないので、この動画でイメージしています。
新宿自体は何度か行ったことがあるが、あの雑踏で音を届けるのもなかなか面白いですね。

たくさんの人が幾重もの輪を作ってる光景はエエ感じです。
Lab-Sivaを見に来た人たちもいるだろうけど、
偶然の流れに乗ってきた人たちが多いだろう。
最後の曲だとMCが入っている。
この曲に入るまでも大勢の人たちが見てくれたんだろうなぁ。

時間は一瞬の積み重ね。
一瞬に魂を込めるから、何かが伝わる。

もう一曲
[PR]

# by afroT | 2007-08-10 23:31 | about Lab-Siva
2007年 08月 08日

Awayだからこそ、Lab-Siva

c0127326_082393.jpg


まいど。
「Labrador Retsiva」から、Gt:松田肇が抜け、
プリミティブな3ピース「Lab-Siva」に形は変わったが、マインドは変わらなかった。
彼らは、StreetでLiveをする。
StreetはAudienceを選べない。
いい方を変えると、超・Away。
予測できない事も多々起こる。
Musician側の演出は通用せず、一瞬一瞬が勝負。
常に全力を出しつづけなければ、大切なものは伝わらない。

流れる人の足がとまり、
演奏に耳を傾け、
拍手を送り
そして、CDを連れて、
元の流れに戻る


最近は当局の指導も厳しくなかなか難しいご時勢らしいが、
Awayに挑む彼らの姿を見たい。

More
[PR]

# by afroT | 2007-08-08 23:57 | about Lab-Siva
2007年 08月 06日

遠方からお越しの方へ

便利情報、宿編

More
[PR]

# by afroT | 2007-08-06 23:56 | about Hiroshima