2007年 09月 10日

Live:Lab-Siva Live at Jive (Hiroshima)

Lab-Sivaとしては初めての広島Live。
Lab-Sivaフリークが全国から広島に結集。
そして、地元広島のオーディエンスたち。
知名度皆無の初めての地において、これだけの力を与えてくれた
皆さんに深く感謝します。
 
c0127326_3472364.jpg

「あなくろ」から始まったのは意外。
雰囲気を探ってるのかな?と思ったら、そうではなかった。
序盤で「Promised Land」昔は終盤に持って来てた記憶がある。
いまのLab-Sivaにはもっと強力な曲があるんだ、と期待が膨らむ。

ここで、新曲:「Honey」
僕の現在に物凄くはまった。
ぐっと来て、想いが噴出した。
見苦しくてごめん。
でも、僕の中でLab-Sivaが現在進行形っていう証。

「Woman」で少し溜めをつくって、「CASTOR」で上げ、
今日のLab-Sivaは自分たちで流れを作って行く。
Mellow系「desire」ギターエフェクトが新鮮だった。
これはこれでいいね。

「ガイディングライト」、物凄いエッジの効いた音。
僕はLab-Sivaの特徴を【疾走感のある音】と言うんだけど、
まさにこれはそれを体現してた。
技術云々ではなく、自分たちが発したいGrooveがどんどん前に出て来る。
魂が入ってるからこそ、なんだ。

そして、もう一押し、「Piece of Love」
~捨てればいい、Still Burning
 僕はこんな歌詞がたまらなく好きだ。
3ピースのいい所が存分に出ていた。
【ソリッド】、本当にそう思う。

c0127326_348135.jpg

ミディアムテンポな「Sad Song」~「You must be free」
磐石のリズムが佐木さんのメロディをしっかり支えている。

そして、予想外のお土産、アンコールを1曲。
「僕らが出逢ったこと」
Lab-Sivaの想いは分からないが、
きっと、今日のこの場所での奇跡的な出逢いに対する
Lab-Sivaの素直な気持ち、と僕は受け取った。

これからの、Lab-Sivaは無駄な動きは出来ない、選択と集中です。
その中で、再びこの広島の地を訪れてくれるという。
彼らの中にも、僕らの心の中にも確かな何かが残った。
それを少しでも大きく、拡げていくための手伝いをしていきたい。。
ここからがスタートライン。
僕らにとっても、
Lab-Sivaにとっても。

c0127326_3481545.jpg


Lab-Siva 広島Night
at Live cafe Jive
on September 8th (Sat) , 2007
20:30Start

M-1 あなくろ
M-2 Promised Land
M-3 Honey
M-4 Woman
M-5 CASTOR
M-6 Desire
M-7 コリア街
M-8 ガイディングライト
M-9 Piece of Love
M-10 Sad Song
M-11 You must be free 
EC
M-12 僕らが出逢ったこと
[PR]

by afroT | 2007-09-10 01:30 | Otona Night


     Thanks! Thanks! >>